国際ソロプチミスト 和歌山

次世代を担う子ども達に 夢と希望を 美しい地球を!

国際ソロプチミスト和歌山 ホーム

ソロプチミストとは

ソロプチミストという名称は、ラテン語でSoror(姉妹)とOptima(最良の)より『女性にとって最良のもの』という 意味をこめて考え出されたことばです。 ばなー2.JPG
1921年アメリカ・カリフォルニ州オークランドにて設立約75,000人の会員を有する世界的組織であり、女性と女児の生活向上を高める奉仕活動をしています。国連の諮問機関であるNGOとして、世界122ヶ国3,103クラブが4つの連盟に分かれて活動しています

   

2018年度テーマ

 

「希望と笑顔のあふれる世界に

          

       ー今できる奉仕活動を!ー」

       

お知らせ

最新の記事

2018年度「夢を拓く:女子中高生のためのキャリア・サポート」

国際ソロプチミストは世界中で女性と女児の生活向上を目指し、彼女たちの夢の実現を願って活動するボラティア組織です。
教育により可能性を育み引き出す、そして目標達成するの為のサポートをしています。

side_bnr_05.png私達のクラブ国際ソロプチミスト和歌山ではその活動の一つ 「夢を拓く:女子中高生のためのキャリア・サポート」を2016年より継続して行っております。

料理教室、手芸教室、AIDS/HIV予防出前授業、ミュージカル鑑賞、奨学金支援等、女子生徒達が必要とするプログラムを実施。

2018年12月2日(日)
男女共同参画センター"りぃぶる"会議室C
(和歌山ビッグ愛 9階)

今回は市内の中高生12名、引率教諭3名、会員11名で、今女子の間ですごい人気のハーバリウム作りとクリスマスに向けたミニツリー飾りつけを楽しみました。


キャリア・サポート看板?.png

IMG_0026 (2)w.jpg  DSC_0467w.jpg

手芸品.png思い思いの材料を選んで 個性あふれる素敵な作品が出来上がりました。 

  プログラムHP用.png

その後のミーテイングでは将来に向け た夢や、これからチャレンジしたい事などを会員と共に話し合いました。
又、最初の会より続けて参加してくれている生徒達から「就職や進学先が決まりました」との嬉しい報告もあり、会員たちにとっても、これまでの活動の成果を実感することが出来た意義深い一日となりました。
今後 企業訪問、幼稚園や保育園見学、活躍している女性先輩の講演等を計画中! 

 

| 2018.12.08 Saturday 16:04 |

和歌山工業高等学校 産業デザイン科にボランティア賞贈呈 

国際ソロプチミスト和歌山 《11月例会》
会場 和歌山マリーナシティホテル

ソロプチミスト日本財団《学生ボランティア賞》 
賞状並びに賞金を贈呈

DSC_04371.jpg

代表で出席下さった和歌山工業高等学校
産業デザイン科3年生と児玉先生 DSC_045679.jpg

3Dプリンターを使って文化財レプリカを作成する様子を
パワーポイントでプレゼンテーション DSC_04462.jpg

その模様が和歌山放送【和歌山トゥデイ】で紹介されました。

Jpegwakayama放送Web.jpg

| 2018.11.22 Thursday 17:05 |

和歌山工業高等学校が学生ボラティア賞受賞

《ソロプチミスト日本財団学生ボラティア賞》
私達クラブが推薦した
和歌山県立和歌山工業高等学校 産業デザイン科がこの賞を受賞致しました。

贈呈式6.png


2010年(平成22年度)、和歌山県立博物館より、館のユニバーサルデザイン化を推進するために文化財レプリカ制作の依頼があり、産業デザイン科3年生による活動が始まりました。

ku-rumama2018裏 2w.jpg   ku-rumama2018裏5w.jpg
文化財レプリカは、視覚に障害のある方が展示物の感覚的なイメージを掴み、情報を得ることを容易にするため文化財を3Dカメラで計測、測定した三次元データは専用ソフトを使い修正した後、高性能3Dプリンターで出力します。
和歌山県立盲学校・和歌山県立博物館との連携により、触れる文化財レプリカを博物館に展示し、視覚に障害のある方が触覚により多くの情報を得ることができ、博物館展示のユニバーサル化に大きく貢献することができました。

レプリカ.png更に、視覚に障害のある方が文化財に触れる機会を増やそうと、盲学校に文化財レプリカを贈呈しています。
 

お寺.png また和歌山県内にある貴重な仏像を、盗難や津波などによる災害から守るため、レプリカ仏像を制作して「お身代わり仏像」として過疎化・高齢化が進んで管理が困難な地域や寺院に奉安しています。
 

このような活動を通じ 社会に貢献されたことが評価され、今回の受賞となりました。

20181113_162412_1.jpg

| 2018.11.21 Wednesday 01:01 |

留学生との交流会

11月4日(日)
和歌山大学に在籍する留学生と会員との交流会を開催
外国からの観光客にも大人気の貴志川線に乗り、車窓より見える日本の田園風景を眺めながら 深まりゆく秋の一日をみんなで楽しみました。

IMG_1847d.jpg

IMG_1843d.jpg

DSC_0230.JPG

和歌山駅を出発(たま電車・ラッキー!)
にたま駅長がいる・・・終点の貴志駅まで。

IMG_1882d.jpg

DSC_0254.JPG   DSC_0245.JPG

DSC_0265.JPG

DSC_0270.JPG DSC_0274.JPG
地図セントゼファー.png

 

たまミュージアム見学後は再度貴志川線に乗車、お楽しみのランチ・大池遊園にあるセントゼファーへ   

DSC_0300w.jpg  DSC_0301w.jpg 

IMG_0376d.jpg

国を超え、世代を超えた交流会
日本の楽しい思い出にの一つになれば嬉しいです。

| 2018.11.20 Tuesday 23:11 |

委員会 紹介

私たちのクラブでは、奉仕活動とクラブ運営のために委員会を設けております。各委員会について順次ご紹介していきたいと思います。

≪奉仕プログラム委員会≫ 経済的社会的開発、教育、環境、保健、人権/女性の地位向上の各分野の活動を実施する。

IMG_190410s.jpg

 2018年度活動内容

・高円宮杯中学校英語弁論大会和歌山県予選 後援

・ガールスカウト、和歌山県青少年育成協会に協力

・DV防止活動

・「AIDS/HIV予防出前授業」

・和歌山市3児童養護施設支援・交流

・クラブ ユース・フォーラム 開催

| 2018.11.19 Monday 22:10 |

国際ソロプチミスト
和歌山 クラブ事務所

〒640-8268
和歌山市広道20番地
第一田中ビル406

TEL TEL

073-427-1702

FAX FAX

073-427-1702

E-mail E-mail

si-wakayama@topaz.plala.or.jp   

過去の記事

国際ソロプチミスト和歌山 クラブ事務所

640-8268 和歌山市広道20番地 第一田中ビル406

TEL TEL 073-427-1702  FAX FAX 073-427-1702  E-mail E-mail si-wakayama@topaz.plala.or.jp

©2009 Soroptimist International of Wakayama